スポンサーサイト

リゾーツデザイン
スポンサーサイト
HOME私の沖縄旅行物語(格安の部)さあ、常夏の島・沖縄旅をデザインするまた行きたい小さな旅・散策
商売繁盛、金運祈願投資と投資物件のはなし富裕層と貧困層
 
旅をデザイン 格安旅行を目指す 沖縄格安旅行 オーバーブッキング サービス業の品質
    
政策にケチをつけるわけではありませんが、GO TOキャンペーン<200710>
海外からの旅行者が確実に増えているが、旅館の稼働率は30%と低い<200710>
日本人の海外旅行は準備万端!特に欧米人は軽装です!<171021>
旅行のパターン  
政策にケチをつけるわけではありませんが、GO TOキャンペーン
   
旅行は楽しみです。
その旅行費が半額になるのであれば、旅行をしたい!

でも、安心して行ける?
旅行は楽しみですが、キャンペーンは少し早いような気がします。

東京は200名を超える感染者!
安心に自信がありません。

経済は重要です。
重要だとは思いますが、感染症とのバランスがわかりません。

折しも「令和7月豪雨」。
多くの観光地、温泉地が大雨に被害を受けています。

いま、被災者のことを思うと旅行に出かける気分にはなりません。
今日も大雨の予報が出ています。

半額?

嬉しい半額ですが、私は、旅行はもう少し我慢します。
<200710>
海外からの旅行者が確実に増えているが、旅館の稼働率は30%と低い
   
海外からの旅行者が期待通り増えている。
外国人の観光客が居ない観光地はないほどです。ちょっとした日本人が行かないような観光地にも外国人がいます。

以前は日本の有名な観光地に行くのが好きでした。
また、温泉地の宿に行くのも好きでした。

ですが、文化が異なる外国人が占領している風呂には入る勇気がありません。
で、フロントで「今日は外国の方がどれくらい来ていますか?」と聞くようにしています。

外国からの観光客が多いときは部屋にこもって部屋居酒屋を楽しむことにしています。
だからと言って、外国人の観光客を拒絶するつもりはありません。
多少の好き嫌いがあって、自分なりに制御しています。

数十年も昔の話です。
東南アジアに適当に旅行をしました。

日本からの旅行者は結構身勝手な行動をしていたように思います。
そんなとき、東南アジアの国々の人たちは日本人の旅行者をどのように見ていたでしょう?

拒絶しないまでも、すべてを受け入れられない心境だったように推測します。
海外旅行していたころの行為や考え方を反省する昨今です。
迷惑な旅行者だったのだろう!

日本の温泉地、外国人を大量に受け入れています。
日本人が良いのか、外国人が良いのか・・・

新型コロナウィルスでいろいろなことが見えてきました。
<200710>
日本人の海外旅行は準備万端!特に欧米人は軽装です!
   
平成29年3月、旅行会社の「てるみくらぶ」の倒産。
海外で中途で旅が止められてしまった人は不安だったと思います。

宿泊先の予約ができていない、帰りの飛行機も再予約。
食事も交通費なども、費用が掛かることばかりです。

旅行者についてはその後の報道があまりありませんので、無事に帰って来たのでしょう。
「被害者の会」結成というニュースは耳にしましたが。

ふと考えたのですが、 海外で大金を持ち歩いていると危険です。
昨今はクレジットカードが普及しています。が、クレジットカードを持たない人もいます。

そのその人はどのようにして窮地を脱出したのでしょう!?
大使館や領事館に飛び込んだ人がいるかもしれません。
友達から借りた人がいるかもしれません。

そう言えば、「YOUは・・・」の番組に出てくる欧米の観光客は、比較的軽装で旅行をしています。

話にも出ますが、財布もあまり暑くないようです。
旅先で資金が不足するようになったら、クレジットカードを利用するのでしょうか。

日本人の海外旅行は、準備万端で出かけます。
日本人のキャリーバッグは、高額なものが多いようです。

それに比して、欧米人の旅行カバンはあまり高価に見えません。

理由は知っていますよ!
日本の空港でカバンが無くなってしまうことはほとんどありません。

しかし、海外でのカバン紛失は日常茶飯事のことらしいのです。
だから、海外では高額なものを持ち歩いて旅行をしないようなのです。
<修正171021>
旅行のパターン  
   
「YOUは何しに日本へ!」というテレビ番組がとても人気があるようで・・・
それも海外でも見ている人がいるらしく・・・
   
成田空港に行ってきた!5月13日(土)です。単に空港見学です。
雨が降っていてが降っていて、展望デッキに出られません。

仕方がなく、お店をぶらぶら。
その後、出発フロアーから到着フロアーへ!

そうだ、「YOUは・・・」は、居ないかな?
見つかりませんでした。
スポンサーサイト
 
 
 旅と散策+お気楽日記
 
スポンサーサイト
【ご案内】観光地の写真は、すべて私のオリジナルです。
スポンサーサイト